葉とらずサンふじ

世界中で愛されています 葉とらずサンふじ 中国やアメリカなど世界各国で作られるようにあり、世界で最も生産されている品種です。蜜が入りやすく、ジューシーで味のバランスが良い。甘味と香りがしっかりとしており、歯ざわりもシャキシャキと心地良いりんごです。

りんごの詳細については画像をクリックして下さい。



葉とらずりんごのおいしさのヒミツ 葉っぱのちから りんごの美味しさ。それは葉っぱが光合成を行い、二酸化炭素と水から作り出す”糖分”がとても大事なんです。りんごが葉っぱの影になって、赤くなれず色むらになるので、色付きを良くするために葉っぱを取る事があります。まさひろ林檎園では”見た目”よりも”おいしさ”にこだわって葉っぱを残しています。ちょっと色むらがありますが、これは太陽の恵みをたっぷりと浴びたおいしさの証なんです。



まさひろ林檎園の3つのお約束

1番おいしい時にお届けをします。完熟りんごをお届けするたに、スーパーなどで販売を開始しててもまだまだ発送できません。限界ぎりぎりまで、りんごのおいしさを引き出してから発送させていただきます。


自然に近い栽培をします。りんごを育てるのではなく、”手助けをする”そんな栽培をしています。

1.できるだけ葉っぱは取りません。たっぷりと日光を浴びた葉で光合成をして作り出される”糖分”がおいしさのヒミツです。2.おいしくなって欲しいので袋はかけません。太陽の光をたくさん浴びて育つので、あま〜いりんごができます。3.なるべく草は刈りません。夏の直射日光から土の乾燥を防ぎ、水分の蒸発を抑えることができます。また、虫の住家を奪うことがないので、りんごの実にイタズラをする事が少なくなると考えています。




りんごで1番おいしい場所を知っていますか?それは...栄養がたくさん含まれている皮と実の間なんです♪よく洗って皮ごと食べてみてください。まさひろ林檎園では低農薬でじっくり時間をかけて育てています。お客様方の手に届くころには農薬の成分が検出されない状態になっているので、お子様も安心して、丸かじりできます。



りんごの収穫時期とお届け時期



りんごの保存方法

りんごの保存方法 りんごは温度差があると傷みが早くなります。保存は冷蔵庫の野菜室などに、薄めのポリ袋に入れて置くと水分の蒸発を防ぎ長持させることができます。また、りんごはエチレンガスを多量に発生させるので一緒に置いてある他の果物の熟成を早めてしまうのも防ぐことができます。ジャガイモと一緒においておくと、ジャガイモから芽が出てくるのを抑制してくれる働きもあります。



りんごのランクタイトル

高級品 贈答用の中から1000個に1個程しか選果されません。選りすぐりの逸品をぜひご賞味ください。

贈答用 色・つや・形が良く、糖度が平均以上のものだけを選果します。収穫されたりんご全体の1割程しか選ばれない希少な商品です。

家庭用 ・小さいキズ・変形・色むら(赤い色が少ない)・小さな蔓割れがあるりんご。贈答には向きませんので、ご自宅用としてご利用ください。

訳あり ・キズが大きい・変形・色むら(赤い色が少ない)・蔓割れ等のあまり見た目が良くないりんご。味は贈答用と変わりません。ジュースや加工品としてオススメです。





商品詳細
収穫時期 11月中旬〜11月下旬(無袋栽培)
発送時期 12月初旬頃〜(天候により多少前後する事があります)
賞味期限 冷蔵保存の場合で2週間〜4週間
保存方法 ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存して下さい。
蜜入り 有り(完熟品は蜜入り多い、未熟品は蜜入り少ない)
糖度 14度〜
りんごの特徴 葉を摘まない無袋栽培。最近話題のめちゃめちゃ美味しいりんごです。収穫まで葉を摘まずに栽培する事で糖度も高く味も濃厚になります。普通のサンふじより、1度〜1.5度ほど糖度が高く蜜入りも非常に多く大変ファンの多いりんごです。
栄養を作る葉を残すことで果実に多くの栄養が蓄積され、蜜の入り方が半端じゃないんです。
雪の降る11月下旬まで収穫を遅らせ完熟状態で収獲するので、味は格段に違います。
食べた事の無い方は是非ご賞味ください。
ご注意 収穫までは予約注文となります。
お届けは収穫後の発送となります。
収穫時期については商品詳細をご確認ください。
ご指定日の指定は収獲時期より後のご指定でお願いします。
時間帯のご指定も可能です。

12