きおう

きおう

販売は収穫時期に合わせて開始となります

「きおう」はどんなりんご?

「きおう」は「王林」「千秋」のかけ合わせで1994年に岩手県で生まれました。

きおうは9月上旬から店頭に並ぶ早生種で果皮は黄色300g〜400g。
ほとんど酸味がなく酸っぱさが苦手な方にはとても食べやすく歯ざわりがよくて食感を楽しめるりんごです。
9月の上旬頃から収穫が始まり9月下旬頃まで続きます。食べ頃の旬は9月から10月中旬です。
岩手県で誕生した品種ですが、青森県が国内生産量約60%を占めています。

「きおう」という名前は、光沢のある黄色い見た目から「黄(き)色いりんごの王(おう)様」が連想されることから「きおう」と名付けられました。 そのため「黄王」と表記されることもあります。


まさひろ林檎園のりんご一覧

爽やかな食感! メルシー 黄色い王様 きおう 秋を先取り サンつがる 爽やか食感!紅はつみ
ときめく甘さ 華宝 王林とフジのいいとこ取り トキ 一足早いふじを 弘前(早生)ふじ スイーツに最適 紅玉
気品高いお姫様 シナノスイート りんご飴でおなじみ アルプス乙女 時間が経っても変色しない?千雪 りんごなのに霜降り⁉︎おいらせ
根強いファンがたくさん スターキング とても繊細だから 星の金貨 酸味が少なくジューシー ぐんま名月 甘すぎないのがちょうどいい シナノゴールド
そばかす美人 王林 究極の蜜入り こうとく まぼろしのりんご こうこう リピート率NO1 葉とらずサンふじ
宇宙からの贈りもの コスモふじ 甘さが好印象 はるか


0